ランニングコストを大幅圧縮できるリサイクルトナーの価格

Pocket

プリンター日本の市場は、海外には見られないような特殊なシステムがいろいろあります。本体を安く販売して、消耗品を高く販売するというのもひとつのかたちになるでしょう。もともとは、携帯電話の販売方法で、本体はいろいろとサービスにしてゼロ円で販売しても、通話料などでカバーするという方法がとられました。これと同じようなビジネスモデルとして、プリンター市場も校正されてきたといえるのです。

消耗品の相場は、驚くほど高額になってきました。プリンターやコピー機に使われているトナーに関しても、かなりの金額になってしまいます。ですが、なければ印刷できないことを考えると、どうしても購入しなければならないでしょう。そこで、古いカートリッジを利用してつめかえて販売するリサイクルトナーが人気となってきているのです。

便利で価格も安いリサイクルトナー

リサイクルトナーとは何かといえば、その名の通りリサイクルしたトナーです。古いカートリッジを回収して、トナーを詰め替えて販売しますが、詰め替えているトナーは純正品ではなく、独自開発の商品になります。そのため、純正よりもはるかに価格が安いものになってくるため、ランニングコストを大幅に削減できるようになるでしょう。大きな魅力を持っているといえます

リサイクルトナーには、2つのかたちがあり、カートリッジは何らかの方法で回収していき、詰め替えて商品として販売する方法があります。捨てられる予定のカートリッジをリサイクルする方法で、詰め替えたものをそのまま購入できるため、すぐに使い始めることができるでしょう。カートリッジは純正ですので、取り付けに問題が出たりすることがありません。互換性のあるトナーとの大きな違いともいえるでしょう。

もうひとつのかたちが、使い終わったカートリッジを送り、詰め替えて送りなおしてもらう方法です。これもリサイクルのひとつになってきますが、自分たちが使っていたものを送るため、カートリッジ代が安く上がります。問題は詰め替えの時間がかかってくるため、すぐに使い始めることができないところにあるでしょう。それでも、純正品を購入するよりはるかに価格は安くなり、ランニングコストは大幅に圧縮可能です。

純正とは何が違うのか

純正トナーとの違いを考えると、中身の違いが大きなポイントになってくるでしょう。しっかり印刷できるのかどうかが焦点となってきますが、テストを繰り返して作られるため、心配はいりません。故障してしまったりすると、その修理費で削減した部分がなくなってしまうと考えがちですが、トナーとして故障率はほんのわずかでしかない状態で販売されています。特に純正のカートリッジを使うため、問題はかなり少ないと思っていいでしょう。

純正の安心感が欲しいと思っている場合には、交互に使っていく方法もあります。実際にカートリッジは劣化してくるため、数回使ったのちには交換しなければいけません。純正を間に挟んでいくことによって、リサイクルトナーを使い続けていくよりは価格が高くなってしまいます。ですが、リサイクルトナーも使っていくため、純正を使い続けるよりも、ランニングコストは大幅に下がってきます。安心感も高まることから、心配な時にも有効でしょう。

リサイクルトナーの人気が高まってきていますが、これも認知されるようになってきたところが大きいでしょう。実際に業者の数も増えてきており、多くのところで見かけるようになりました。そこで注意しておきたいのが、不良率にあります。どうしても劣化が出てくることから、これを不良率として表示しているところが多くなりました。公表しているところは、自社の商品にも自信がある証拠ですので、参考にしてみるといいでしょう。

安すぎるときには注意が必要

メンテナンスリサイクルトナーは、確実に価格を抑えていくことができます。そのポイントになってくるのは、人件費とトナー代です。送料は別途かかってくることを判断できるため、あまり影響はないでしょう。リサイクルするためには、一度カートリッジを洗浄し、問題がないかチェックしたうえでトナーを詰め替えていきます。それなりに手間もかかってくるため、あまりに安い時には、粗悪品にならないのかチェックするといった児保が大切です

実際に削れるところはそこまでありません。機械もメンテナンスしていかなければいけませんし、洗浄後の管理といったことも出てくるからです。手間数はかなりのものであり、そこまで安くできない事情も出てきます。しかし、トナーの根本的な価格も安く作っていくことができるため、思っている以上に安価で手に入れることができるのです。品質も安心して使えるものになっているため、あまりに激安のものを外せば、そこまで心配もいらないでしょう。

価格とともにチェックしておくといいのは、いったいどれぐらいの期間を経営してきたのかでしょう。アフターサービスといったこともポイントになってきます。安心して利用できる仕組みを作っているところでは、自社の製品に自信があるでしょう。そこにリサイクルトナーの価格を組み合わせていくと、どんなところにお願いするといいのかが見えてくるでしょう。大事なトナーだからこそ、しっかりとしたところに注文していかなければいけません。

まとめ

リサイクルトナーは非常に便利な存在です。メーカーの利益構造によって、高騰してしまったランニングコストにストップをかけられるようになるでしょう。時に毎日印刷しなければいけないところにとって、トナー代は頭が痛いところになるはずです。このコストを大幅に圧縮できることになるのですから、利用価値が増大してきているのは間違いありません

リサイクルトナーは大変便利ですが、カートリッジは消耗品であることに違いはありません。使っていくと故障することも出てきますし、リサイクルの段階で寿命が尽きるようなこともあるため、故障の場合には修理費を負担するなど保証サービスがどこまでおこなわれているのか、アフターサービスにも注目していると間違いありません。きちんと保証サービスを設けている業者は自社のサイトなどに掲載されていることがほとんどです。(参考:リサイクルトナー専門店:トナプロ)価格を抑えることができるのですから、チェックするポイントを抑えておくことも大切です。