未分類 0 Comments

補償最後に、保証内容です。実はリサイクルトナーを購入するにあたっても、ある程度の保証はしてくれるところが多いです。短くとも半年、長くとも1年位は保証してくれる業者はたくさんあります。特に、1年間の品質保証を付けてくれるトナー業者は優良な企業であることが多いので、そちらを利用することをおすすめします。

アフターサポートが充実していれば、それだけ購入をした後の不具合の対応を安心して任せられるので、利用する側としてはこれ以上の安心はありません。特に、リサイクルトナーのような、不具合を起こす確率が高いものでしたらなおさらです。

中には、保証を全く行わない、殆ど無いに等しい保証しかしてくれない業者もありますので、いくら安値だからと言っても、保証内容に目を瞑ってはいけません。保証が出来なければ、費用を消費するだけになってしまいますので、それでは折角節約をしようとリサイクルトナーを買ったのに、何の意味も無くなってしまいます。それならば、純正品を買った方が確実です。

以上から、リサイクルトナーを買う際には、保証内容から選ぶことも大切だと分かります。また、品質であっても値段であっても、どちらかを優先する場合であっても、保証内容は必ず見ておくことをおすすめします。

未分類 0 Comments

忙しい折角リサイクルトナーを買うのですから、値段は断然安いものが一番と考える方も多いです。しかし、前述したように安物のリサイクルトナーの中には、動作不良を起こしやすいものや、十分な補償をしてくれない場合があります。特に、激安価格のリサイクルトナーを販売している業者には多いです。ですので、もしもリサイクルトナーを購入するのであれば、まず激安のリサイクルトナーを取り扱っている業者は避けるべきです。特に、複数の業者を調べた際に、最安値の業者はできるだけ避けた方がいいかと思います。

いくら安値で購入したいと言っても、最安値で使用できないものを手にしてしまっては意味がありませんし、また同じものを同じ業者から購入するのは手間ですし、わざわざ安いところを探して選んだ意味もありません。ですから、リサイクルトナーを少しでも安く買うのであれば、最安値と普通くらいの値段のちょうど中間あたりの業者を探すのがベストだと言えます

もちろん、リスク面についてはそこまで解消することはできませんが、最安値のところよりは信用ができます。また、ネットで通販をするのであれば、送料無料で届けてくれる業者を選ぶのも費用を安くすると言う意味ではいいかもしれません。

未分類 0 Comments

トナーまず、品質で選ぶ場合は、専門の業者に頼むのがベストです。ネットなどの通販では、リサイクルトナーを専門に取り扱っている業者から直接受け取れることがあります。その業者選びの際には口コミを参考にするなり、実際に利用したことがある人からの評価を聞いておくといいでしょう。基本的には品質の評価が高いサイトは、それなりの品質が保証されます。

また、サイトを選ぶ際には、動作不良などが起きてしまった際に商品の交換ができるところを選ぶようにしましょう。品質が悪い物が流れて来てしまう可能性は、そもそもリサイクルトナー自体が動作不良を起こしやすくいものですから、仕方のないことだと諦めるしかありません。しかし、商品の交換を行うことができれば、品質の悪い物を受け取って新しい物を買ったり、泣き寝入りをする必要もありませんので、自分が納得する品質のリサイクルトナーを手にすることができるでしょう。

ただ、品質にこだわる場合は、少しだけ値段が高くなる恐れがあります。圧倒的に安いけれど、トナーの交換はできない、などの場合も多いので、少し割高であっても、そのあたりのことにこだわると、高い品質のものを手にすることができるでしょう。最近では、機器メーカーもリサイクルトナーを取り扱うようになったので、そちらも高品質のものがありますので、そちらの利用もおすすめです。

未分類 0 Comments

使用が終わったトナーの多くは、機器メーカーや多くの量販店で回収されています。そのほとんどは廃棄処分されていますが、中にはそのまま回収されて再利用されて販売されるトナーがあります。それがリサイクルトナーです。リサイクルトナーは比較的安価で取り扱われており、中には純正品のトナーの10分の1ほどの値段で取引されているリサイクルトナーもある程です。ただし、リサイクルトナーはその安さの反面、デメリットも多いのが事実です。

コピー機まず、リサイクルトナーは全体の1%~2%ほどのものが初期不良を起こしてしまいます。確率的には低いと思ってしまいがちですが、どのトナーが自分の手元に来るかは分かりませんし、販売業者の持っている中でそれだけのパーセントであるとすると、試しに買ってみたものが初期不良を起こしてしまうものである可能性はそれなりに高いと言えるでしょう。また、印刷した際のカラーが、純正品と違ってしまう場合もあります。個人として使用する分には大丈夫ですが、仕事などで使うものにリサイクルトナーを使うのは不適切だとも考えられます。

ただ、自分自身で使う分には安いことはこの上なく嬉しい事ですし、発生するごみが全体としては減ることですので、環境にもいいことです。もしも、リサイクルトナーを使うのであれば、今回紹介するリサイクルトナーを選ぶ際のコツ、品質、費用、それから補償内容のどれかに着目して選ぶといいでしょう。ぜひとも参考にしてください。